Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7年前の子供たちからの手紙

ナミビアから帰国したとき、2度ほど出前講座ってのをやりました。
東京に行く前の話。

1度は、俺が中学卒業の時の担任が教頭先生をしていた中学校での、「夢講演会」という、将来について考える総合学習。
高校受験が終わった翌日の中学3年生3クラスを講堂に集めて、2時間話すという内容でした。

中学の時に、俺はクラスで一人、受験に失敗したのに、卒業式ですごいいい返事をして担任が胸を熱くした、という謎のエピソードあり。

その時の生徒さんたちの感想シートが、今更になって、送られてきました。全部で100人分くらい。山さん、、、、退職したから暇になったんでしょうか。


「ひとのために何かしたいと思いました。」

「夢に向かって頑張ろうと思いました。」

「うまくいえないけど、稲垣さんの生き方がすごいいいなあと思った。ああいうふうに生きたいです。」

「自分が楽しむことでほかのひとのことも楽しくさせるということを自分もしていきたいと思いました。」

「稲垣さんのようにやりたいことを自由にやり、楽しい人生にしたいと思いました。」

「良い高校や大学、会社だけを目指すのではなく、好きなことをやるのが良いと思いました」

「中田が出たTVで、ナミビアの砂漠で走ってるのを見てすごいと思ったことを思い出しました。」

「最後のバンジー怖そうっていうか超怖いです。」

「ヤギの解体とか見たかった。」


なんか、俺にはもったない言葉が並んでるのは、まあ社交辞令ってことで。
仕事さがすときはwillとmustとcanが大事だけど、willに偏った方がきっと面白いよ、とか言ったから、その3単語をキーワードとして印象強かったみたい。

けど、総じて、
 人生を楽しみたい
って子が多くて良かった。

これ7年前だから、この時の中3の子ってのは、ちょうど大学でるくらいってことになるわけで。さてどういう人生を歩んでいるのかしら。興味あるなぁ。

なんか、懐かしいのもあったけど、子供の手紙って面白い。すごい元気でました。

https://drive.google.com/file/d/0B_Gn1V3WekfMTWlvOTY4ZC1JdlU/view

玉井夕海さんライブ@ one too many mornings

昨日はお世話になってるパン屋さんでライブ。

玉井夕海さん。
元ジブリで、千と千尋のリンちゃんの声の人。
東小金井塾っていう、宮崎駿が一度だけやった弟子取りワークみたいなのに参加してた人だそうな。
311のデモで渋さの不破さんと知り合って、渋さ知らズにここ数年いたそうな。

磐田のパン屋さん、one too many mornings。
旦那さんはレゲエのフリーペーパーの元編集長。そのながれもあって、かつ、姉が常連だったので通うようになった。
いつもお店に行くと相手してくれる奥さんは昔映画の配給会社にいたとかなんとかで、そのときに一緒に仕事をした仲間として、玉井さんがいるそうな。
ジブリではない。

ちょうどおととい千と千尋の神隠しが上映されてたそうで。
タイミング良すぎ。

前回は不破さんと来てたってのもあり、見たいなぁと思ってて、予約しており。

事前にyoutubeで予習。不破さんとの対談がとても良くて、キュンとして、この人にすごく興味を持った。
去年の鳥越さんの都知事選の応援演説なんかもしてたみたい。

で、昨日。

話をたくさん聞きたいな、と思ってたら、歌半分、話半分、みたいな感じ。
311の話、いまの国のおかしな状態の話、高江の話、七尾旅人の話、宮崎駿の話。

歌もとても素晴らしくて、だったので20人くらいのあの空間で、カフェに声が響きわたる。
音はアコーディオン。アコーディオンのブルブル感がまた神様臭をだしてる。
知ってる伴奏だなぁ、と思ったら、平和に生きる権利。だけどソウルフラワーとはまた違う歌詞で、渋さでつけた歌詞らしい。これが特にグッときた。

お客さんは、さすがにここのお店のお客さんなだけあって、年配の人や、子連れが多くて。
その子供達をイジる玉井さんがまた素敵で、子供の反応もとても良くて。

途中の休憩で、おばあちゃんが、すごくよかったわー、帰るわね、って帰っていったり。
トークの時に、眠くなった子供を連れて中座していく親子とか。

なんか、とにかく、平和だなぁって、口に出したくなる空間。

良かった。

前にそこのパン屋で知り合った人と再会できたので、近くの飲み屋でちょっとだけ飲んだ。10個くらい下の皮職人なのだけど、やはりUターン組。またゆっくり飲みたい相手。

帰りにパン屋さんにまだ灯りがついてたので寄ってみたら、まだ玉井さんと団欒中だったので、CD買いにきたていで寄ってみた。

あんな風に、演者の人とステージのあとに話すのはとても苦手なのだけど、パン屋さん夫婦が紹介してくれたおかげで、たくさん話せた。テンパってたけど。
とても良い時間だった。

格安SIMについて

最近よく聞かれるので、格安SIMについてまとめてみました。
ご参考までに。
これほんとにサポートまで混みで田舎なら仕事にできそうな。。。
*これ見てる通信事業者社員の皆さんすいません!!けど契約者数には関係ない仕組みなので良しってことでー。ドコモは実はこれで広告無しで契約者数だけ増やせるという仕組みな気もする。

1. 格安SIM
携帯電話の通信料金が安くなるSIMカードの仕組みのこと。MVNOと呼ばれる仲介会社がドコモやauの通信設備を使って運用。
*SIMカード:携帯電話に入ってる個人認証カードのこと。ドコモ、ソフトバンク、auとの契約情報が入っている。
*MVNO:ドコモ、auといった大手携帯電話会社の設備を利用して通信事業をしている会社。

2. 仕組み
・ユーザーはMVNOと契約する。実質的には、MVNOを仲介してドコモやauと契約しているようなイメージ。
・通信環境に関する設備は、ドコモ、auのものになるので、通信環境は全く変わらない。基本的には、契約を交わす会社が違うだけ。

3. 格安SIMに乗り換える場合の携帯電話端末側の条件

-いまドコモの人
・ドコモ対応の格安SIMを契約し、今使ってる携帯電話に格安SIMを入れてそのまま使う。
・新たにSIMフリー携帯電話を買って格安SIMを入れて使う。

-いまauの人
・ドコモと同じ。ただしau対応の格安SIMが数社なので、選択肢が少ない(特に問題なし)

-いまソフトバンクの人
・対応した格安SIMがないので、SIMロックを解除するか、新しい端末を買って、格安SIMを入れて使う。

*SIMロック:ドコモ、ソフトバンク、auそれぞれの携帯電話にはSIMロックてのがあって、その端末はもともと買った会社の電波でしか使えない。格安SIMごとに、対応する電波が異なる。
*SIMロック解除:半年以上使ったものなら、各社ショップで3000円くらい払えば可能。会社によって条件異なるので確認必要。

4. メリット
・料金体系がシンプルで、月額料金がとにかく安い
・拘束されないので、気軽に契約会社の変更が可能
・プラン変更が自由自在なので、海外出張や転勤で使わないけど番号キープしたいときは、一番安い月300円のプランにしたりもできる。

5. デメリット
・通話料が少しだけ割高。通話メインの人にとっては格安感が無いかも。ファミリー通話無料とかがなくなるのが一つのネック。
・実店舗のサポート受けづらい。困ったらショップへ、ができない。
・今後の機種変するときは実費で購入する必要あり。
・LINEで新規IDを作ると、格安SIMだと年齢認証ができないので、"IDで検索"オプションが使えない。
・国際ローミングが、、、と思ったらもう対応してるらしい。
・通信混雑時間帯に通信速度が著しく遅くなる可能性がある。

6. 乗換方法
いま契約してる会社で乗換手続き
 →格安SIMを購入して契約手続き
  →携帯電話変わる場合はその乗換え
   →携帯電話の通信設定(プロファイル設定)
・最近は家電量販店にて対応してくれるはず。

7. 検討材料
・大手キャリアの場合、機種変をしてその料金を払い終わると、機種変でもらった割引がなくなるので、なぜか利用料金が高くなるという謎の仕組み。
・上記に対応するために機種変すると、その条件として新プランを契約しなければいけないので、カケホーダイとか不要なのについてきて、その結果、月額料金がさらに高くなる。
・格安SIMにするために2年縛りの違約金10000円とか、新機種代金5万円を払ったとしても、格安SIMに変えるだけで8000円→2500円/月となり、1年で5万円以上浮くので、あまり問題なし。
機種にこだわらなければ端末は一万円で買える。
・キャリアメール(@docomo.ne.jpとか)が使えなくなるので、別のアドレスを周知しないといけない。面倒だけど久しぶりの人と連絡が取れたりしてラッキー。数人としか使ってないアドレスだし、もし使えなくなっても最近はSMS飛ばせば同じなので問題なし。
・ユーザ数が多いほど通信速度が遅くなる可能性があるので、ユーザ数が激増している会社は避けたい。ただし設備投資や今後の展望など、あまりに規模が小さすぎる会社も同時に避けたい。バランスを狙う。

永い言い訳

永い言い訳。

池松壮亮がなんだかいつ見ても素晴らしい。
もっくんの隣にいても堂々とした雰囲気。
なんだろうこれ。

湿っぽいというか、日本人らしい微妙な感情がむき出しになってる映画が、最近すごく好きだなぁと思う。

突然決断して映画を見に行ったので、コーヒー飲みすぎててトイレモードになってて、1時間たったくらいで中座してトイレにいった。
あまり問題はなかった。

とにかく、色々足りてない。
うん、とにかくいろいろ。

韓国研修3週目終了 ソウル一泊旅行

ソウルいってきた。
なんか遠いし、どっちでもよかったんだけど、一応、最後の週末だし、と思って。

朝起きて、バスで2時間半。
ぐっすり。

バスターミナルに着いて、とりあえず来週の帰国路の下見。
仁川空港に行くバスをさがしてみた。
あと、帰路のバスを予約しといたほうがいいって言われたから、それも。
言葉は通じないが、なんとかなる、模様。

地下鉄に乗り、とりあえず今回の一番の目的地。
梨花洞壁画村のある恵花駅。

駅をでてスタバでゆっくり。
パソコンで何かやってる人たち。
おしゃべりしてる人たち。
スタバの風景って、世界中どこでも一緒。

駅を出ると、映画とか芝居のポスターが壁にぎっしり。
下北。
今池。
芸大があるみたいで、そういう関係者がたくさんいるそうな。

IMG_3388.jpg IMG_3354.jpg IMG_3263.jpg
IMG_3367.jpg IMG_3355.jpg

もともとは坂が多くて低所得者の住む街、みたいな、ゲットー的な雰囲気だったらしいんだけど。
そこをアート関係者たちが雰囲気を変えてやろうとした、とかなんとか。
なんかあんまり詳しくわかんないけど。
そんなふうにwebに書いてあった。

町中をアートで埋め尽くしました、みたいな街。
歩くといろんなところにいろんなものがある。
面白い。
きっと全部は見てないんだろうな。
地図も持たずただ適当に歩いてるから、なにがなんだかもわからんのだけど。

この取り組み自体、住んでる人からしても賛否両論あるようで。
落書き禁止、とか、消されてるのとかもあるみたい。
静かに歩いてください、って注意書きもあった。

ぶらぶらと散歩。

そっからぶらっとして昼ごはん。
適当に見つけた鳥の店でサムゲタン。
美味しかった。
しかし適当に入りすぎた感。

IMG_3340.jpg


さらに歩いて東大門方面まで。
マーケットをチラ見したり、ファッションビルを巡ったり。
服買いそうになったり。
前に来た時に、友達とこの辺で遊んだなぁと思い出して懐かしくなったり。

宿にチェックイン。
K-POP hotelというなんともポップなホテル。
立地がとてもいい。
部屋は独房スタイルの2畳部屋。
トイレシャワーはついてる。
枕元の窓を見ると、ファッションビル群の中心。

IMG_3277.jpg IMG_3276.jpg IMG_3432.jpg


そのあと近所のデザインパークっていうところにいってみた。
そこではちょうどデザインフェスタみたいなのが開かれてて。
(ちょうど日本でも六本木アートナイトが。。。。)
すごい人。
たくさんのオシャレさんと、カメラ小僧が集まってて。
オシャレたちは写真を撮られるためにそこにいて、カメラの人たちはそれを撮るためにそこにいて。
ハイブリッドで、カメラを持ってるオシャレさんたちもいた。
なんか面白かった。

IMG_3307.jpg IMG_3280.jpg IMG_3285.jpg

そのあと梨泰院という街へ。
同僚から紹介された場所。
外国人街。

わけもわからず、とりあえず駅周りを散策。
小洒落た感じの路面洋服屋さんとかがたくさんある。
けど、なんか、メインは、ビアバー。
ビアバーだらけの横丁的な通りがあって。
右見ても左見てもみんなビール飲んでる。
結局俺もビール飲んだ。

なんか、東京来た気分。

IMG_3302.jpg IMG_3299.jpg IMG_3291.jpg


そのあと東大門に戻り、前の会社の同僚と合流。
ちょうど仕事で韓国に来てるってのを知り、ソウルで晩飯食おうってことになった。
偶然。不思議な。

韓国人は豚ばっかり食べるので、こっちきて牛を一度も食べてなかったので、この夜は普通の焼肉屋にいきたい、とリクエスト。
韓国人エンジニアのオススメってお店に。
牛カルビ、豚カルビをいただく。
うまい。
豚もうまいけど、韓国で食べる牛カルビってうまいなぁと、感心。

会社離れて3ヶ月。まあそれなりに色々とおしゃべり。

韓国で焼肉してると、オモニがどんどん焼いていくから、いつの間にか飯が終わってる。
一瞬でお腹いっぱいにさせられた。
1時間くらい。。。。

で、また移動。
どうしよっかとお腹を抱えながら歩いて、ヤンニョムチキンを食べることに。
お腹いっぱいなのに、まだチキンとビール。
まあけど、韓国人と食べたり飲んだりするより余裕があるのが救い。

IMG_3422.jpg IMG_3430.jpg IMG_3414.jpg



そんなこんなで夜がふける。
宿に戻って一休みしてまた夜遊びにでも行こうかとか思ったけど。
結局寝た。

二日目。
朝なかなか起きられなかったけど、なんとか起きる。
宿の朝飯を食おうか悩んだけど、トーストとシリアルにあまり魅力を感じられず。
脱出。

一応観光的なこともしておこうと思って、光化門から景福宮へ。
ぶらっと歩いて終わり。
今日は天気が悪い。

ファッションビルのフードコートで締めのランチ。
エビピラフ。
あんまり美味しくなかった。。。。まあ不味くはないけど。
素直にオススメの冷麺にしとけばよかった。

IMG_3461.jpg IMG_3467.jpg


バスターミナルに戻り、高速バスで3時間の帰路。
無事に帰宅。

歩きすぎて疲れた。
なかなか弾丸的なソウルだったけど、なんか特に何もしなかったな、って感じ。
結局どこにいっても食ってるだけだなぁ。

韓国研修2週目、韓国の結婚式事情

DSC_0221.jpg IMG_2981.jpg IMG_2991.jpg 

 


韓国研修二週目終了。
毎日風車に登って作業を見たり、手伝ったりといったOJT。
完全にブルーカラーな肉体労働で、ボルトやレンチのサイズすらよくわからない俺はとても困っています。
その割にいろんな装置・部位が入り乱れてて、きっと10年かかっても全部理解はできないだろうなという感じ。
毎日60メートルのハシゴを行ったり来たりしてるのが、若き日のドコモ時代を思い出します。

今日は同僚の結婚式。
まだ3日くらいしかあったことないけど、招待されたので参加しました。

IMG_3073.jpg IMG_3078.jpg 
IMG_3079.jpg IMG_3084.jpg

受付でご祝儀をわたし、食事券をもらって食堂へ。食堂へいくのはいつでもいい(つまり式の最中でも良い)みたいだけど、うちらは式の前に。ビュッフェスタイルで、みんなお皿の上にめっちゃいっぱい載せてるので、つい真似してしまいました。
ユッケやら生魚やらもあり、そこにエビチリやキムチや寿司やら、、むちゃくちゃ。

IMG_3103.jpg IMG_3090.jpg IMG_3114.jpg




式は30分くらいで終了。
新郎新婦入場して、あいさつして、神父がだらだらしゃべって、新婦友人が聖歌らしきものを歌って、新郎友人がピアノ独唱。
で、終わりました。
最後の写真撮影のときにブーケトスもあったんだけど、受取人は指定されてたみたいで、一人だけでした。

それはともかく、昨日は前夜祭。
とは言っても新郎は一瞬しか来なかったけど。

IMG_3020.jpg IMG_3039.jpg 
IMG_3046.jpg IMG_3057.jpg
IMG_3062.jpg IMG_3061.jpg






職場全員で会場のある隣町へいって、ホテルへチェックイン。
そこから焼肉を食べて、ソウルから部長もやってきて、がっつり食った後、ボウリング。
ボウリングは一番ビリが全部払うというやっつけボウリング。
みんな初めてとか二回目とか言ってて、俺はもう何十回やったかわかんないくらいだけど、全然ダメでした。ビリじゃなかったけど。

ボウリングのあとまた飲みに。
キャンプ居酒屋みたいなとこで、ここでまたがっつり食って飲む。

しかしみんなひたすらビールか焼酎だけなんだけど。
よく飽きないなぁ。
俺は時々ビール飲みたいから、焼酎のショットも飲むけど、ビールも飲む感じ。
けど混ぜるのはほんとたまに。
あれはなんかやっぱまだ慣れない。

そのあとカラオケ。
何度か日本の歌を、しかもヒデだからX JAPANだ、といって、いろいろせがまれたが、歌が全然わからないのでごめんした。
途中で寝ちゃって、終わるまで寝てた。
3時に終わって、解散して、みんなでそれぞれ相部屋でバタン。

同じくらいの時期に入ったという別のサイトの人がいて、日本語が上手。
大学院を日本で過ごして、室蘭工大卒業したばっかりらしくくて。
その人といろいろ話してたら、そこに日本から電話が。
そこにいた先輩という人が、実は俺の友達の同僚で、
なんだか不思議な。。。

カラオケもボウリングも苦手だ。

そんな前夜祭と結婚式でした。

韓国研修一週目

社会人復帰2ヶ月目、韓国研修1週目。

浜松の自宅からセントレアまで3時間弱の旅。
名古屋からソウルへ1時間半のフライト。
ソウルからバス2本乗り継いで5時間の道程をへて、ヘンゲーという町に着いた。
2018冬季五輪が開かれるらしい、高原の麓町。

IMG_2728.jpg IMG_2726.jpg


とりあえず暮らしは順調。
一緒に住んでるカセ君が色々とサポートしてくれる。
同じ団地のいろんな部屋に、ほとんどのエンジニアが住んでいるので、いつも集団行動。
朝は駐車場に集まって何台かの車で出勤。
途中のコンビニで朝飯と昼飯をかって、30分の山道をガタガタ進む。
国際免許用意してないので、運転しなくていいのがとても楽。
けど車がないとどこにも行けない感じ。

風車が数十機、山の中にたくさん並んでいる場所の中心が職場。
ここからいろんな風車へメンテにでかける。
観光地にもなってる場所。
すごく綺麗なんだけど、ほとんどの時間が霧がかってて、なかなかいい景色が見えない。
あと、なんか羊の風邪のウイルスが流行ってるらしくて、最近は観光客も制限されているらしい。
俺らはごくごく普通に入っていくのだけど。

お昼もみんなでダイニングルームにいって食べる。
キンパ屋さんのテイクアウトが人気。

IMG_2742.jpg IMG_2792.jpg IMG_2752.jpg IMG_2781.jpg


帰りも事務所からみんなでタイミングを見計らって一緒に帰る。
途中で飯を食って帰ることもあれば、帰ってケータリングをすることもあったり、レトルト食品を食べることもある。
とりあえず、相手のペースに委ねている。

IMG_2748.jpg IMG_2761.jpg IMG_2777.jpg


研修はといえば。
予想してた悪い方のケース。
トレーニングとはいってもトレーナーも居ないしプログラムもないし、OJTだよ、と真正面から言われる。

プログラムされたモジュールトレーニングを受けて、quarify(これ日本語でなんていうんだろう。。。認証、認定、か)されないと正式に業務に就けないってのが会社のルール。
それを果たすためにここにきたと思ってたのに、ここではその目的はかなわない模様。
日本の人たちはそのことわかってんのかな。
OJTは当然大事なんだけど、それだったら日本でもよかったんじゃないか、とか思ったりもする。まあこっちの方が忙しくていろんな仕事があるからいいんだろうな、と思うようにしている。

正式に認定されてないんだよってことで、ちゃんとしたトレ~ニングセンターにまた研修でいけるのかもしれない。
中国、インド、オーストラリア。
オーストラリアがいいな、いったことないし。

けど今週はほとんど椅子に座って一人で資料を読んでいた。
たまに何がしかの説明を受けたりもするのだけど。
日本である程度教わったことだったりする。

一度、同僚と風車へ。
地元の風車にはエレベーターが付いてるので、90メートルをビューんと余裕でつくのだけど。
こっちのやつは60メートルをハシゴで登る。
先週のフットサルで痛めた肩と苦心しながら、のぼる。
登り方は地元で少し習ってきたので、そんなにしんどくはなかった。
ドコモのとき以来かな、こんなの登ったのは。

しかし肩が痛い。

昨日の夜はみんなでサムギョプサル食べに行った。
韓国人2人、インド人2人、俺。
焼酎とビールで爆弾も初体験。
けど、みんなはひたすら焼酎をショットで飲み続けていた。
そして二次会に向かっていったのだけど、俺は中座。
同居のカセ君も中座。
帰ってマッコリ飲んだ。

IMG_2803.jpg IMG_2801.jpg IMG_2808.jpg IMG_2804.jpg





インターナショナルな職場だからなのか、酒を強要されることもない。
言葉も英語ベースだから、そんな無茶なテンションにもならず。
とてもいい感じ。

とりあえず。

あと3週間。

肩がもうちょっとよくなってほしいなぁ。

朝霧ジャム行きたかった。すっかり割り切ったと思ってたけど、なんかすげー残念今回。

ミスターダイナマイト

ジェームスブラウン。
ミスターダイナマイト見てきた。

すげーカッコよかった。

すごいなんとなくだけど、ニカちゃんとかぶったんだなぁ。

天然のカリスマというかなんというか。

けど孤高な感じは全然違うかな。

周りのバンドのメンバーから好かれてないけどリスペクトされてるってのがまた良かったな。儚げで。

マーティンルーサーキングジュニアの流れで政治的な動きを見せて、ニクソンとおしゃべりなんかしてるとこも面白かった。
黒人公民権運動をやってたんだね。
けど経済的には新自由主義な感じで。

面白かった。
あっという間に2時間。

選挙フェス 0702

昨日は渋谷ハチ公前で選挙フェス。
無料ライブじゃありません、街頭演説です。
と、木内みどりさんが何度も言ってました。

すごくたくさんの人がハチ公前を覆い尽くしてた。

個人的に一番盛り上がったのは、三宅洋平ではなく。創価学会の若者が、旗を振りながら壇上に上がり、みんながざわざわしてるところを撃ち抜くように、
政権与党がやっていること、公明党がやっていることは、我々の教わってきた、信じている教えには、完全に反しているんです!僕たちも変えたいんです!
と大きな声を上げた時。
ちょっとだけ震えた。

それにしても最近飲んだあとの頭がおかしすぎる。いろんな記憶が薄くなってきた。。

切腹ピストルズかっこよかったなぁ。
地元の大念仏思い出すわ。

海よりもまだ深く

昨日夜すごい変な夢を見て、なんかいろいろあって眠れなくなっちゃって。
朝早起きすぎて、ちょうど見つけた、もはや1日1回しかやってなくて、見過ごすとこだった、この映画。

最近自分にいろんなことがいろいろ起きてて、
夢のことが頭をよぎって、
阿部寛のダメさ加減にぐいぐい引き込まれて
真木よう子が素敵すぎて

ほぼ最初からだけど、樹木希林の1つ1つの所作や言葉使いが、自分の母親に見えて仕方なくて、
後半ずーっと涙が止まりませんでした。

そして最後にハナレグミがたたみかける。

早起きは三文の徳、てやつかな、これは。


あ、ちなみにうちの母に何か起きたとかそーゆーのではありませんので。

Appendix

プロフィール

Hide

Author:Hide
後ろ向きで寂しがり屋。そのくせ案外とアクティブ。
そんな僕が世界に向けて公開する日記です。

place: Tokyo
job : Engineer

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。