Entries

スポンサーサイト

永い言い訳

永い言い訳。 池松壮亮がなんだかいつ見ても素晴らしい。 もっくんの隣にいても堂々とした雰囲気。 なんだろうこれ。 湿っぽいというか、日本人らしい微妙な感情がむき出しになってる映画が、最近すごく好きだなぁと思う。 突然決断して映画を見に行ったので、コーヒー飲みすぎててトイレモードになってて、1時間たったくらいで中座してトイレにいった。 あまり問題はなかった。 とにかく、色々足りてない。 うん、とにかくいろい...

ミスターダイナマイト

ジェームスブラウン。 ミスターダイナマイト見てきた。 すげーカッコよかった。 すごいなんとなくだけど、ニカちゃんとかぶったんだなぁ。 天然のカリスマというかなんというか。 けど孤高な感じは全然違うかな。 周りのバンドのメンバーから好かれてないけどリスペクトされてるってのがまた良かったな。儚げで。 マーティンルーサーキングジュニアの流れで政治的な動きを見せて、ニクソンとおしゃべりなんかしてるとこも面白かっ...

海よりもまだ深く

昨日夜すごい変な夢を見て、なんかいろいろあって眠れなくなっちゃって。 朝早起きすぎて、ちょうど見つけた、もはや1日1回しかやってなくて、見過ごすとこだった、この映画。 最近自分にいろんなことがいろいろ起きてて、 夢のことが頭をよぎって、 阿部寛のダメさ加減にぐいぐい引き込まれて 真木よう子が素敵すぎて ほぼ最初からだけど、樹木希林の1つ1つの所作や言葉使いが、自分の母親に見えて仕方なくて、 後半ずーっと涙...

ディストラクションベイビーズ

ディストラクションベイビーズ見てきました。ふくはちのお父さんも絶賛してたw狂ってるー!でした。ただただ。狂気。小松菜奈の眉毛が印象的TOHOシネマズ、アプリ入れると今月まで400円割引クーポンあるんやけど、何回でもいけるんかな。...

ちはやふる 上の句下の句

ちはやふる 上の句広瀬すずは大好きなのだけども、髪の長い広瀬すずなんて見るはずないやん、と思ってたのだけども。先日キャンプで友達に漫画読まされて、絶対見るべき映画になってしまって、とりあえず上の句。いつも以上に目ヂカラ。すごいよくできてた。完全にスラムダンク。リンダリンダリンダのペドゥナ的な。上映終わる前に気づいてよかった。広瀬すずは漫画の千早こえた。かなちゃんは漫画のがいいな。最後のPerfumeも、...

ルーム

ルームを見た。なんか友達が予告見て泣いたって言ってたので。一番のハイライトと思われるシーン、確かに、ちょい泣ける。けど、ハイライトらしい感じにもならず。もっと複雑な、なんかすごくもやもやした、そんな微妙な感情がずっと自分の中に漂ったまま。なんとなく話は進んでいく。いろんなことが前に向かっていることはわかる。なんとなくクライマックス的になってきて、あれあれ、もう終わるのかな、まだ1時間くらいじゃない...

神去なあなあ日常

神去なあなあ日常。三浦しをんの原作はちょっと前に読んでて結構気に入っていて。映画もあるのかーと思ったらなんと今一番好きな俳優さんといえる染谷将太。見てみた。ヘラヘラした若者や、キレた若者をやる染谷くんは非常にいい。この映画でも、ほぼヘラヘラしている人だし、なんとなく都会の人ってのを最後までかもしつつ、その中でちょっとした表情を上手に見せてくれるなぁ、と思う。そんなことは正直どうでもよくて。三重弁が...

リップヴァンウィンクルの花嫁

リップヴァンウィンクルの花嫁、見てきました。平日8時過ぎから3時間てのはきつい。黒木華をきっと大好きな岩井俊二が、黒木華を大好きな我々のために、黒木華をめちゃめちゃ素敵に撮った映画。これを見て黒木華がもっと好きになりました。いわゆる、可憐な、言われたことには全部ついてっちゃうような、儚くて、強さがなさそうだけど、生命力はある、という。昭和。女優こっこが素晴らしい。自然体すぎる。黒木華の森田童子がまた...

Banksy does New York

あっという間の90分。2013年10月にバンクシーがNYで毎日公開していったグラフィティアートを追っかけながら、それを追いかける人々、そして盛り上がるというか、おそらく自覚的に踊らされる社会。疾走する31日間、すごかった。正直全然詳しくない俺。誰も正体を知らないけど世界的人気で政治的主張をするグラフィティアーティスト、くらいの印象しかなかったけど、ずいぶん楽しめた。終わったあとトークショーで、昔まだ取材とか受...

家族はつらいよ

初日舞台挨拶のチケットが、なぜかこんなギリギリで余ってた。映画自体は予告見たときから絶対見たいと思ってたので、ちょうどいいやと思って、行ってみた。しかも丸の内ピカデリーだけ、デジタルじゃなくてフィルム上映なんだって。二階席最後列だったけど、非常に良く見えた。内容はといえば、なんかもう、コテコテの。古典芸能、的な。山田監督の映画は、言葉遣いが1つ1つ丁寧で、それが優しい空気を生んで、それが好き。泣き...

Appendix

プロフィール

Hide

Author:Hide
後ろ向きで寂しがり屋。そのくせ案外とアクティブ。
そんな僕が世界に向けて公開する日記です。

place: Shizuoka
job : Engineer

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。