FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bonanza08.blog112.fc2.com/tb.php/102-000425d2

トラックバック

コメント

[C224] バカ~んす!

おひさしぶり~!

知らん間に黒くはなるは、刺青は入れるは・・・。
そんな子に育てた覚えはありません!!

わしは、研究所という近代的な牢獄に閉じ込められ日々生気を吸い取られています・・・(=L=;)

気付けば後少しで帰ってくるわけで、早いもんですな(^0^)
帰ってきたらやや遠いですが横浜の湿った風でも浴びにきて下さいな!

ほな、わしは1日だけのバカンス(年休?)を満喫したいと思います・・・。
  • 2009-06-05 08:22
  • 広島の狂熊
  • URL
  • 編集

[C225] おーーーーぉ

熊さん,エリートまっしぐらやないか!!
ついに研究所ですか.
YRPってやつですか.
すげぇ憧れの場所だ.
正直めっちゃうらやましい.
ぜひ俺を雇ってくれ.
まさかの単身赴任??
夫婦ともども??

名古屋も横浜もたいしてかわらんでな.
帰ったら遊びに行くよ.
忙しい研究者ながら,俺と飲む時間をつくってください.

  • 2009-06-06 01:15
  • ひで
  • URL
  • 編集

[C229]

熊さんは、嫁のプーさんもつれて横浜にきております!

研究といっても、大学みたいに一からの開発ではなく、ほとんど装置の仕様を決めたり、試験用の環境作りとかじゃし、想像とは違うと思うよ。
まあ、まわりは変人みたいな人だらけで毎日劣等感におわれております!!
ちなみに、今は佐竹さんやマッスーもこっちにおるよ!

取り合えず雇用は、わしの送迎くらいならやとったるよ(^0^)/

まあまた連絡くれやんせ!
  • 2009-06-07 11:18
  • 広島の狂熊
  • URL
  • 編集

[C230] すげぇ

働いてるころに,同期のYRPの奴から話は聞いた.
結局研究するのはメーカーさんやし,管理ばっかりになるのは支社にいるのとそんなに変らんとかなんとか.
けど,開発に携わってるってのはイイなぁと思うよ.

佐竹さんとかもおるんかぁ.出世したなぁ,まじ.
すげぇ.

秋山って同期がいたらヨロシクお伝えください.
OSの基礎研究かなんかやっとった.2年目のころは.

ではまた.
ぶんちゃんにもよろしく.
  • 2009-06-08 00:33
  • ひで
  • URL
  • 編集

[C231] おす。

なんかいろいろだなー!!イルカと泳いだり、タクシーうんちゃんがマッポまこうとしたり。mixiやってるけどそんな日記は見たことないぜぃ。でもそれだけ貴重なんだなー!あとちょっとで?帰国のことも考えなきゃいかんだろ?体全体で残りの生活も楽しんでなー!!きっと人間的にもバカでかくなってるんだろーなー、ひで。
  • 2009-06-08 15:42
  • みすと
  • URL
  • 編集

[C232] >みすと て

何番だ?!(笑

んー,まあいろいろあるさね.
そんな貴重でもないとは思うけどねー.
もっとおもろいことは世の中にいっぱいある!!

人間的にはちっとも変ってないよ.見た目も中身も.そこはあんまり期待するな.サッカーもきっとヘタになっている・・・

あと少し,楽しむよ!
いつもコメントさんくす.


  • 2009-06-10 05:17
  • ひで
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

20090512-0520 Tanzania trip




タンザニアです.

年末のザンビア・マラウイに続き,任国外旅行にいってきました.
これで許される20日をすべて使い切りました.

1年半くらい前,ナミビアの宿で,ある旅人さんに出会い,
「ザンジバルはいいよ.何日も過ごしたほうがいいよ」
と言われ,偶然にもその直後に,先輩隊員からザンジバル旅行のビデオを見せられ,今の今までずっとあこがれていたザンジバル.
ついに到達しました.

そんな旅日記.


5月12日.
朝一で出発.
 Windhoek - Jo'burg - Dar es salaam
と飛行機で1日行程.夜7時半ごろに到着し,予約していた宿へ.

Dar es salaamは道が渋滞してたり,久々のすごい湿気があったり.
タイみたいだった.

てかほんと,湿気がいい.
汗かきで有名な俺だけど,ナミビアはドライすぎてほとんど汗をかきません.
ここはすごい.
気持ちい.

Luther house guest houseという,教会の中の宿.
ビジネス街にあり,場所は正直若干怖い.

とりあえず両替とか,ケータイのSIMカード買いにいった.
繁華街というか,ちょっと雑然とした場所.
じゃっかんビビる.
久々の旅行の緊張感.

飯はインドチャイニーズ料理屋.
要するに,どっちもある.

そんな初日.





5月13日
キリマンジャロを目指す2日目.
といっても,登るわけじゃないんだけど.日がないのでね.

首都隊員がアテンドしてくれる.
ティンガティンガという,アートの店に行くということになったのだけど,まったく興味なかったので,俺は別行動.
1人で町を歩いた.
ただただひたすら.
旅行先では,町を歩くのが一番好き.

ぶらぶらしてて,昨日両替をしたあたりに着いた.
すごい.
問屋街というかなんというか.
香港の裏手みたいだった.
そこで布を買う.
今回の大きな目的でもある,チテンジ購入作業.
こっちでは,キコイ,カンガ,キテンゲ(チテンジ)という種類がある.
巻きスカートも買った.腰巻として,かなりお気に入り.

飯は日本料理屋に行くという話だったけど,それもまた興味なく.行かないことにした.
1人道端のものを食べる.
ゴマクッキーみたいなのを食べる.
シミーとかなんとか言ってたように思ったけど,「セサミ」と言ってたんだろう.
あと,サモサ.タンザニアはインド料理がたくさんある.
そこで飲んだ最高だったのが,サトウキビジュース.
暑くて汗をかいたところに,めっちゃ冷たいサトウキビジュース.
これはごちそうだった.
全部あわせて50円くらい.
安い.
ビール1本買ったら300円くらいするのに.

結局,別働隊は食事もしなかったみたいで.
宿付近で合流し,空港へ.

Arushaという,北部の町に向かった.

飛行機,レシートだけで,発券しないで搭乗口まで行けてしまって,なんかよくわからんままそこにいったんだけど.
最後の最後に止められた.
けどもうどうしようもなく.
どうにかしてくれました.

国内線で1時間くらい.
北部Arushaは,俺らが行きたかったMoshiという町から100キロ弱離れてて.
タクシーが高かった.

天気が悪くて,キリ日和ではなかったのだけど.
Moshiの宿について,ビールを飲んでたら,でてきました.
そこは現地隊員が皆勧めてくる宿.
Kindoroko hotel.
そこの屋上にバーがあって,そこでビールを飲んでキリマンジャロを見ろと.

チラリだったけど.
見た.
このためだけにきたので,嬉しかった.


5月14日
朝はお散歩.
布屋で布を大量購入.
マサイ風布も買ったりした.
ここで買ったキテンゲはかなりかっちょいい.

コーヒーショップも目的で,そこにもいった.
キリマンジャロコーヒー.

なんか薄いんだよなぁ.

ナミビアの家に帰ってきて,そこで買ったコーヒーを入れたけど,やっぱり薄い.
ていうか,粉が粗い.
そのせい??




Arusha空港にいって,飛行機に乗って,いざ,Zanzibarへ.
ほんとにキリマンジャロのチラ見のためだけのMoshi滞在.

Zanzibarには夕方到着.
空から見る青々した海と,ストーンタウンのドデカイ集落が印象的.

飛行機を降りると,そこは常夏.
いい空気.

島の西部分,ストーンタウンに向かう.
宿はPrinces salma inという,漁港のすぐ近く.
ストーンタウンの端.

ママがすごくいい人だった.
夜屋上でビールを飲んでるとき,けっこう相手してくれたし.
名前も覚えてくれたし.

ここにくるまでに,少しスワヒリ語を覚えていて,それが結構コミュニケーションには役立った.
挨拶と,少しの数字(これはナミビアに似てる),あと自己紹介とか.
少しだけだけど.

とりあえずぶらぶらした.
夕日がきれいだったし,浜辺でサッカーしてる風景が抜群.
ストーンタウンは,イスラムの文化がすごく強いみたい.
インドみたいだった.
バラナシの迷路を思い出した.

「日本人か?明日何するんだ?船をアレンジしようか?」

そんな人がいっぱい寄ってくる.
けど,アジアのそれにはまったくかなわないのだけど.
少しだけ,よってくる.
ナミビアにはまったくないので,懐かしい.

食事は海辺の公園の屋台街.
シェフの格好をした人たちが,屋台で海鮮BBQをしている.
ロブスター,ツナ,タコなどを食べた.
うまかったけど,買いすぎた.


5月15日
ストーンタウンな日.
今日は午前中1人でぶらぶらした.
ストーンタウンにきて,1人で散歩しないなんてありえないと.
そう思っていたので.
大きな目的に,もちろん,布購入はあるのだけど.
ほんと,迷路.
いつどこで刺されてもおかしくない感じ.
そしてそういう場所を,イスラムの女性がウロウロ.
知らない男が俺を勝手にガイドしてくれたりする.
もちろん放置するのだけど.

布を購入.
いっぱい買った.
こういう場所では,値切るのが楽しいけど,あんまり安く叩きたくない.
winwinな買い物をしたい.
相手が泣きそうな顔をしてるくらいがちょうど互角かな.

タンザニアはけっこうふっかけてくる.
言い値は普通音の3倍くらいかなーという感じ.

けど,いい感じの布がいっぱいあった.
いっぱい買った.




そして歩いていると必ずみつかるサトウキビジュース,
うまい.

人間観察しながら,集合を待つ.
イスラムな女性がとにかく多い.
子供が可愛い.

昼に集合して,現地隊員と会う.
一緒に昼ごはんを食べた.

まだ4,5ヶ月の隊員だし,人見知りな感じだったこともあり,そんなにはしゃべれなかった.
最近自分が他国の隊員のアテンドをすることが多かったんだけど,やっぱりこうやって会ってもらえるのは嬉しいなと,素直に思う.
向こうがどうかは知らないけれど.

ブイヤーニとピラフのお店で昼食.
ここは早い.
すげぇ早い.

ジュースがうまい.

午後に何をしようかという話になったのだけど.
Prison islandというとこに行くことになった.
ボートで,途中でシュノーケリングをしつつ,島へ.

一緒に韓国人が同情した.サニー君.
世界一周をしているらしい.
値段にとにかくシビア.
まあ,世界一周してる人と俺らのシビアさは違うだろうなと思った.

亀公園みたいなのがあって,亀と遊んだり.
昔の牢獄だった場所を見たり.

シュノーケリングは鬼門だ.
マラウイでスキューバダイビングしたときも,だいぶ呼吸が怖かったのだけど.
今回も,ちっともうまくできやしない.
水がどんどん入ってくる.
もぐるなんてもってのほか.
水中メガネ以外全部捨てたいくらいの勢い.

楽しくなりたい.
コツをつかみたい.

本島に戻ると,ジャンべの音が聞こえた.
音をたどると,music academyにたどり着いた.

中では,ジャンべのリズムに合わせて踊りのレッスンが行われていた.
見学させてもらった.
アフリカ人は誰でも軽快に踊るイメージがあるけど,レベルの高い人たちを作るには,野生だけでなくて,やっぱりこういうレッスンが必要なんだなと思った.
しかし楽しそうに踊っていた.

で,海辺のレストランへ.

夕暮れにあわせて,浜辺でサッカーが始まったので,カズとレストランを抜け出してサッカーに混じる.
サッカーとしてはちっとも楽しくなかったけど,浜辺でタンザニア人とボールを蹴って汗をかくっていう,それだけで最高な気分.

アイス屋さんでアイスを食べて,宿に戻った.
アイスはうまかった.


5月16日
ビーチへ.
Jambianiという東側のビーチへ向かった.
ほんとはPajeってとこに行きたかったんだけど,どうにも宿がクローズまみれで.見つけられなかった.
いまはLowシーズンなので,そんな場所が多い.

Jambiani,ほんとに人がいなかった.
こんなに人がいないとは思わなかった.
同じ宿には他に1客いたけど,宿帳には,その人たち以前に1ヶ月以上の空きがあった.

海はすっげーきれい.
けれど,俺らの宿の前のビーチだけ,岩場でゴツゴツしてた.
Jambianiは5キロ以上広がるビーチなんだけど,その北端くらいだった.

少し歩くと,すごくキレイな,イメージできる,いわゆるビーチリゾートが広がってた.

朝到着したので,ひたすら歩きまくった.

子供に絡んだり.
ドーナッツ少年にドーナッツを売ってもらったり.
犬に執拗に追いかけられたり.

いい海.

ただ,オフシーズンてこともあり,普段から多分人が少ないんだろうこともあり.
飯が種類がなくて,遅くて,高い.
ちょっと寂しかった.

そんなビーチ初日.


5月17日
朝からカズとドルフィンクルーズへ.
タクシーに乗って南西の町へ.
シュノーケリングセットを借りて,ボートに.

ドルフィンはなかなか見つからない.
結構長いこと船に乗っていたけど.
なかなか出てこない.

船頭さんも,若干困り気味.
「これってもしイルカでてこなかったら,明日もう一回チャレンジとか出来るとかいね.減額とか」
と,資本主義な話をしていたら,出てきたイルカ.
俺らが焦れるころあいをはかっていたのか.

準備する俺ら.
船頭さんは
「GO!!GO!!」
と,俺らをせかす.

イルカを追う.
逃げられる.
イルカに正面から飛び込む.
逃げられる.

そんなのを繰り返した.

イルカと泳いだ という状態ではある.
俺が泳ぐ下をイルカが泳いでいたりした.
10数頭のイルカの群れと泳ぐのは,かなり衝撃的である.

すごかった.

けど,ひとつだけ問題.
上のほうにも書いたけど.

シュノーケリングは鬼門である.

水が・・・・

必死でイルカを追うけど,
水が・・・・

いいイルカでした.

一緒に行ったカズは,下のほうまでもぐってイルカをおいかけ,タッチに成功したという.すげぇ.

実は,来る前に,テレビ番組の1シーンでこれを見てたんだけど.
まさにコレって感じだった.

船側から,ハマに向かう波を見る.
不思議な光景.

そこの町で,朝ごはん.

海で,子供とじゃれる.

やらせ写真撮影.

そこのビーチは,ドルフィンツアーは有名みたいだけど,滞在する人はほとんどいないんだろう.
あまり子供が観光地慣れしてない感じ.
他の場所の子は,写真を撮ったりすると
「フォトマネー」
とか言って来るんだけど,ここではそれはなかった.

抱っこしたり,高い高いしたり.
子供がすごく嬉しそうになついてきたのが印象的だった.
ママー みたいな,そんな感じ.
親がいないのかもしれない.
愛がほしいのかもしれない.

少し後ろ髪をひかれつつ.
タクシー運転手を待たせたままだったし.
宿に戻った.

Jambianiビーチでビール.
潮も満ちていて,ゴツゴツも見えなくて,ナイスビーチの様相だった.

しかしこのビーチは遠浅というのか.
浅瀬が広がってる.
50メートルくらい進まないと,泳ぐにはいたらないし,何百メートルか進んでも,まだ足をつけて立っていられる.
不思議な場所だった.

少し歩いて,Blue oysterという,ステキホテルに昼食を食いに行った.
料理も豊富,値段もそこそこ,サービスもいい.
ドイツ人が経営者だということで,レベルが違う.
かなりリゾート堪能した.




そして,チェックをして,そろそろ帰ろうかと思った瞬間.
日本人ぽい人がいるなーと思ったら.
カニちゃんがきた.
仲よし同期隊員.

同じビーチに同じタイミングで来るってのはお互い知ってたけど.
結局こっちでは連絡もとってなくて.
偶然会おうって言ってたら.
ほんとに偶然会った.
衝撃.

2年弱ぶりの再会を懐かしみつつ.
おしゃべりしつつ.
スワヒリかガンダ語かよくわからん現地語を飛ばしまくる大阪のおばちゃんみたいなカニちゃんがおもしろかった.

カニちゃんの宿まで歩いて,ヘンナってのをやった.
インドイスラム系の,タトゥーみたいなやつ.
彫るわけじゃなくて,木の棒で,樹液みたいなのをたらしてつける.
刺青シールみたいなもんかな.

左肩にひとつやってもらって満足したんだけど,むこうがお釣りを持ってなかったりする関係で,もうひとつやった.
右手.

手首が良かったんだけど,毛が生えてたらダメらしくて,右手甲になった.
今も残ってる.
完全に刺青の人.
タトゥー先生誕生....

リゾート気分すぎて,そのときは気持ちよかったので,まったく考えてなかった.

あと1週間で消えるやろうか...

ちなみに背中のかっこよかったんだけど,日焼けの皮膚と一緒にとれちゃいました.

そうそう.
お釣りといえば.
この島,いろんな人がお釣りを持ってないことがよくあった.
モノが高いこともあって,1万シリング(1000円くらい)っていう札はいっぱい流通してるんだけど,その下のお釣りが全然でてこなかった.
店につけておいて,それであとでただで飲み物をもらったり.
そんなことが多かった.

宿に戻って飯を食った.

そのころには,明日の予定が決まっていた.
Nungwiという,北部のビーチに行こうと.
ほんとはここにもう一泊するつもりだったけど.
あまりにもオフすぎるビーチで.
ぼーっとするにも,子供が目の前でなんかやってるわけでもなく.
船もなく.
北部は,Full moon partyとかもやってるときがあって,白人若者ビーチ的で,それでありつつも,地元の人がサッカーしてたりって話を聞いてて.
ぜひそこにいこうと.

キャンセルを頼んだけど,すでに金を払っていたので,返金できず.
いろんな理由を言ってきて断られたんだけど,
「20ドルあげるからなんとかしてくれ」
って言ったら
「じゃあちょっとかけあってみる」
と,若干心変わりした.

けど結局ダメだった.

最初に全部払っちゃダメやよなー,ほんと.
俺のミスです.


5月18日
4人チームだったんだけど,今日からカニちゃんが加わって,5人に.
朝飯を済ませ,Stonetownに戻る.

そのタクシーが,そのままNungwiまで連れて行ってくれるとのこと.
値段の交渉もぼちぼち済ませ,お金も払って行こうという話に.

ただ,カズがTC両替をしたいというので,両替屋や銀行をまわる.
「この前はここでできたんだ.」と,運転手は言う.
そしてめぐるめぐる.
みつからない.

途中,警察の尋問にあう.
運転手と警察が,明らかに不穏な空気.

突然,運転手が警察を振り切って車を走らせた!!

逃げる車,走っておいかける警察.

スライドの扉があく.

飛び込んでくるポリスマン!!

俺の真横で行われる衝撃のアトラクション.
香港ムービーのようだ.

そのまま警察は運転席のサイドブレーキに手をかけるが,まったく効かなくて止まらない.

後ろから強引に運転席に乗り込む.

完全にヤバイと判断し,車がゆっくりになったところで,俺らはそそくさと車を降りた.

どうやら,その運転手は以前にも逃げた経験があり,それを尋問されていた模様.
その後どうなったのかは知らない.

そしてもう車はやめようと思いつつ,結局また同じコンダクターが呼んできた別の車に乗ることに.
こういうとき,ダメだとわかっているのに,回りの行動を無理やり止められないのが,俺にかけている部分だと思う.

で,また銀行.
カズが両替チャレンジしている間に,なぜかまた別の車に乗り換えようという指示がコンダクターから出る.

もうこれはアカン.

ということで,車を捨てて,カズをつかまえて,みんなでバス乗り場に向かった.

そこ行くまでに,いろんな人が寄ってきたけど,すべて倒した.
がーーって,言いたいことを思いっきり言って,去った.
「アイツが変なことしたけん,いかんのや.俺はお前を信用したいけど,アイツのせいでムリや.アイツがお前の邪魔をしとんのや」
と,他のタクシー運転手に伝えた.

バス乗り場に.
ダラダラという,軽トラの後ろに長いすとホロをつけて乗り合いバスにしたやつ.

窮屈ではあるけど,結構快適.
しかも壁がないので,涼しいし,外の景色を楽しむことができる.

そしてNungwiに到着.
ダラダラを降りて,ビーチまで漁村を歩く.
いい雰囲気.
ゆるい.

そして,,キレイなビーチ.

客引きみたいな人に連れられ,何軒かの宿をまわり,らくらく場所確保.
部屋を出てすぐオープンのレストランがあり,その前はビーチ.
20メートルも走れば海.
海はゴツゴツしてなくて,遠浅でもなくて,すぐ泳げる.

ビーチリゾート!!って感じ.

人は思ったよりいないけど,まあそんなもんだろう.
Lowシーズンのリゾートって,人はぼちぼちで,いい感じ.

レストランも,海鮮があるし,値段もほどほどだし,お酒もたくさんあるし.
ゆっくりしようと思えばゆっくりできる.
土産売りみたいな人は少し絡んでくるけど.
それもまた楽しい.

いい環境.

夕方,サンセットクルーズにいった.
曇ってて夕日は見えなかったけど,すごくキレイな夕焼けだった.

夕焼けに生えるビーチサッカーもまた見た.

クルーズから戻って,晩飯.
ツナ,タコ,イカなんかを食べたり.
キャッサバを食べたり.
ポイをまわしたり.

いい夜でした.





5月19日.
ビーチ最終日.
朝ランニングをした.
朝飯を食って,ビーチでぼーっと.
ただひたすらぼーっとした.
たまに海に入ったり.
水着白人を盗撮したり.




海の写真を撮るときに,船とか,子供とか,水着とか,そういうのがあると絵がはえる.

事前に交渉してたタクシーに乗って,ダラダラとほとんど変らない料金で,Stonetwonまで戻る.

ピラフ屋にいく.
注文して1分くらいで飯がでてきた.
食後数秒で皿を片付けられた.
ファーストフードがここにはある.

めちゃめちゃゆれる船で船酔い手前までいきながら,Dar es salaamに戻る.

夜ご飯はOSAKAという,日本食屋さん.
しゃぶしゃぶ,すし,てんぷらなどを食べた.

笑ったのは,いちご金時カキ氷.
ミスマッチ.


5月20日.
帰国.


特に何事もなく,楽しい旅行ができた.

年末の旅行のように,大きな感動はなかった.
あのときのような,旅行後の焦燥感に襲われることもまったくない.


ただ,アジアに1人か2人で旅に出たいなぁと,そう思った.
集団行動は苦手だ.


久々に,旅への衝動にかられた.

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bonanza08.blog112.fc2.com/tb.php/102-000425d2

トラックバック

コメント

[C224] バカ~んす!

おひさしぶり~!

知らん間に黒くはなるは、刺青は入れるは・・・。
そんな子に育てた覚えはありません!!

わしは、研究所という近代的な牢獄に閉じ込められ日々生気を吸い取られています・・・(=L=;)

気付けば後少しで帰ってくるわけで、早いもんですな(^0^)
帰ってきたらやや遠いですが横浜の湿った風でも浴びにきて下さいな!

ほな、わしは1日だけのバカンス(年休?)を満喫したいと思います・・・。
  • 2009-06-05 08:22
  • 広島の狂熊
  • URL
  • 編集

[C225] おーーーーぉ

熊さん,エリートまっしぐらやないか!!
ついに研究所ですか.
YRPってやつですか.
すげぇ憧れの場所だ.
正直めっちゃうらやましい.
ぜひ俺を雇ってくれ.
まさかの単身赴任??
夫婦ともども??

名古屋も横浜もたいしてかわらんでな.
帰ったら遊びに行くよ.
忙しい研究者ながら,俺と飲む時間をつくってください.

  • 2009-06-06 01:15
  • ひで
  • URL
  • 編集

[C229]

熊さんは、嫁のプーさんもつれて横浜にきております!

研究といっても、大学みたいに一からの開発ではなく、ほとんど装置の仕様を決めたり、試験用の環境作りとかじゃし、想像とは違うと思うよ。
まあ、まわりは変人みたいな人だらけで毎日劣等感におわれております!!
ちなみに、今は佐竹さんやマッスーもこっちにおるよ!

取り合えず雇用は、わしの送迎くらいならやとったるよ(^0^)/

まあまた連絡くれやんせ!
  • 2009-06-07 11:18
  • 広島の狂熊
  • URL
  • 編集

[C230] すげぇ

働いてるころに,同期のYRPの奴から話は聞いた.
結局研究するのはメーカーさんやし,管理ばっかりになるのは支社にいるのとそんなに変らんとかなんとか.
けど,開発に携わってるってのはイイなぁと思うよ.

佐竹さんとかもおるんかぁ.出世したなぁ,まじ.
すげぇ.

秋山って同期がいたらヨロシクお伝えください.
OSの基礎研究かなんかやっとった.2年目のころは.

ではまた.
ぶんちゃんにもよろしく.
  • 2009-06-08 00:33
  • ひで
  • URL
  • 編集

[C231] おす。

なんかいろいろだなー!!イルカと泳いだり、タクシーうんちゃんがマッポまこうとしたり。mixiやってるけどそんな日記は見たことないぜぃ。でもそれだけ貴重なんだなー!あとちょっとで?帰国のことも考えなきゃいかんだろ?体全体で残りの生活も楽しんでなー!!きっと人間的にもバカでかくなってるんだろーなー、ひで。
  • 2009-06-08 15:42
  • みすと
  • URL
  • 編集

[C232] >みすと て

何番だ?!(笑

んー,まあいろいろあるさね.
そんな貴重でもないとは思うけどねー.
もっとおもろいことは世の中にいっぱいある!!

人間的にはちっとも変ってないよ.見た目も中身も.そこはあんまり期待するな.サッカーもきっとヘタになっている・・・

あと少し,楽しむよ!
いつもコメントさんくす.


  • 2009-06-10 05:17
  • ひで
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Hide

Author:Hide
後ろ向きで寂しがり屋。そのくせ案外とアクティブ。
そんな僕が世界に向けて公開する日記です。

place: Shizuoka
job : Engineer

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。