FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bonanza08.blog112.fc2.com/tb.php/114-01c5af32

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

20090915-0918 Okakarara trade fair




過去の話です。
もう1ヶ月たっちゃったみたいですが。
俺のナミビア生活最後の週、おっきなイベントが二つありました。
オカカラララトレードフェア、それから居酒屋ひでちゃん閉店パーティー。
なんだかんだと、帰国で忙しかったり気持ちが乗らなかったりと、書けてなかったのだけど、記録に残しておこうと思います。

上記タイトルの日程で、オカカララという町で、トレードフェアというイベントが開かれました。

オカカララってのは、首都から3時間くらい離れた田舎町で、ヘレロという部族の王国であります。町は大きいのだけど、すごくのどかな雰囲気で、ナミビアの中では、アフリカを感じさせてくれる町並み。
隊員が3人いて、そのうちの役場で働いている一人が、JICAブースの出展に至ったわけです。




トレードフェアってのは、いわゆる産業展。国の中のいくつかの町を回っていくイベントです。北部の大きな町でのトレードフェアが首都とならんで最大で、そこの町ではもう3年連続でJICAブースが出展していて、日本の料理を販売したり、おもちゃ販売したり、着物の着付け写真コーナーを作ったりしています。新聞にも記事が載ったり、そこそこ知名度はあがってきています。

オカカララでは初めて。もしかしたら最後かもしれません。
こっちはJICAイベントというよりは、その隊員さんの個人的な活動に近くて。
参加者も、全体でやろうっていうよりは、その隊員さんが個人的に集めた人間でやることになりました。

俺は、まあその人とは多分仲良かったし、個人的に呼ばれたのですが。
specialな技能がない俺としては、総括になる彼のグチを聞きながら、まあ陰でうろうろしてればいいかなと思ってました。

そしたら大変でした。
与えられた業務は、ジャンケン。
ジャンケンの普及活動です。

幸いにも、相方として備え付けられたのが、仲良しの隊員さん。
彼とだったら何でも好きなようにできる感じの仲です。

なので、好き勝手やりました。

名付けてジャンケンボーイズ。



ジャンケンの普及ということで
1。ジャンケンを教える
2。ジャンケンする
3。相手が勝ったら日本のお菓子あげる
  相手が負けたら折り紙をあげる
というシステムです。

この辺の流れは、主催の隊員さんが決めました。

はじめはブースで座ってやるという感じで。
初日はそれでやってたんだけど、ブースでは着物の着付けだったり、ビーズアクセサリー売りだったり、隊員の活動紹介だったりと、すごく混雑しています。
そして俺も相方も人の群れが苦手です。

で、まあ、会場に到着したときに思いついたんだけど、出張販売になりました。
出張ジャンケンボーイズ。

トレードフェアということで、いろんなブースがあるので、各ブースをまわったり。
シャビーン(飲み屋)にいってビールを飲んでいれば、誰かがよってくるので、そこでジャンケンをやってみたり。
アフリカで最も効果のあるcomunication手法、飲みゅにけーしょんです。

週末には、小中高生が授業の一環かなにかで、大挙訪れました。
一人とやっていると、どんどんどんどんと人が増えていきます。

はじめのころは、英語らしく
 rock scissors paper
と、教えていたんだけど、それはつまらんなぁと思うようになり
 JANKENPON!
と、日本語で教えることにしました。

さらに、
 プレイする前に、まずマスターに挨拶しろ。「センセイオネガイシマス」と言え。
とか言って。終わってお菓子や折り紙をもらうときには、
 人から物をもらったらなんて言うんだ?「アリガトウ」だろ。
と。
日本語の普及活動も同時に行いました。

センセイオネガイシマス
ジャンケンポン
アリガトウ

が飛び交う。
そしてまた人が集まる。

これ面白すぎました。
ジャンケンを英語で説明するのは結構難しいんだけど。
2年間の教師経験がここで発揮されました。
つらいことたくさんあったけど、2年のキャリアは無駄ではありません。

ヘレロ族って、牛をかたどった帽子をかぶってる、けっこう見た目にも特徴的な人たちなんだけど。
そんなおばちゃんとジャンケンしたり。
ムービー撮ってたので、これがかなりおもしろかったり。



相方もジャンケンマスターとして、町中に名前と顔を売っていて。
テンションは日に日にあがっていきました。
疲れたけど(笑

毎日、ブースいって、準備して、ジャンケンボーイズやって、ビール飲んで、帰って買い出しいって、飲んで。
すごい充実してました。

正直いって、文化祭とか苦手やし。こういうのブース出して営業活動するの苦手やし。しかも出張とかしていろんな人に声かけていくのなんてほんとに嫌いで。
だけど、相棒にも恵まれ。
楽しかったです。

なにはともあれ。
企画してくれたgajaさんに感謝です。
一番大事だったのは、総括の人間がコンセプトをはっきりさせること。
合ってるか間違ってるか、それは俺にはわからんけど。
ブレない哲学で、強い意志で引っ張っていってくれた彼には感謝でいっぱいです。

その場を離れて、道ばたで子供に
 ジャンケンポン
って挨拶代わりに言われる。
そんな幸せは、なかなかないですよ。

協力隊っぽい風景でした。





関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bonanza08.blog112.fc2.com/tb.php/114-01c5af32

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Hide

Author:Hide
後ろ向きで寂しがり屋。そのくせ案外とアクティブ。
そんな僕が世界に向けて公開する日記です。

place: Shizuoka
job : Engineer

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。