FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bonanza08.blog112.fc2.com/tb.php/115-e3651f88

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

20091203 出前講座デビュー










やってきました。
出前講座。

青年海外協力隊として2年間すごしたわけですが。
行って終わり、ではないのですね。まあ終わってもいいんだけど。
帰って来たら、日本にその活動を広めていくという使命も、いちおうあります。

その代表的な物の一つが出前講座。
小学校や中学校、市民講座なんかに出かけていって、お話をする、というやつです。
今回は小学校。
国際理解みたいな授業をやっている学校。
子供たちはインターネットや本なんかでいろいろ調べたんだけど、実際に行って来た人の話を聞きたいし、ほんとの写真を見てみたいと、そういう感じです。

1ヶ月くらい前からお話をいただいてました。
準備はそのころからけっこう長いスパンでやってました。
パワポは2、3日で作ったけど、そのあとの推敲も何度もしたし。
推進員との打ち合わせもしたし。
友達や、友達の親や、自分の親や、いろんな人に見せてプレ講座もしてました。
自分の国を紹介するにはとても良い機会です。

豊田東小学校というところにいきました。
隣の磐田市。
旧豊田町です。

学校到着し、教頭先生と担当の先生に挨拶。
図書室に通されました。
子供は2クラス45人。
田舎の学校なので、1クラスが22、3人なんです。

初めて自分のMacをプロジェクターにつなぎ、画面がなかなか出てこないことに始めちょっと困りましたが。
無事につながって。

小道具も少し持っていきました。
ブッシュマンポット、オバンボドレス。
ナミビア代表のユニフォーム、JOCVナミビアのユニフォーム。
おとといもらった南ア代表のユニフォーム。
使いまくった。

とにかく楽しかった。

隊員にありがちな現地語での挨拶からはじまり、自分の紹介。
ナミビアの国の紹介、簡単にアパルトヘイトのことを話しながら、何種類かの代表的な部族の言葉と文化を紹介。
子供をいじるという意味も含め、挨拶練習とかをしてもらったり。
途中休憩を挟みつつ、街の生活、村の生活ってことで、ナミビアというか、アフリカにありがちな格差を見せつける。
イメージとは違う、日本みたいなアフリカ。
実際には見たことが無い、イメージ通りのアフリカ。

それから隊員活動について。
ナミビアの生徒のこと、先生っていう職業について自分が思ったこと。
ナミビアの子供たちが抱えてる問題。
子供が500人くらいナミビアにいるって思える、それが素敵だってこと。
サッカーキャラバンのこと。自分が好きなことを、精一杯楽しめば、それが国際協力っていうものになるときが来るかもしれないってこと。

そんなことを話してるとき、実は自分でちょっとウルってきそうでした。
子供のこと思い出しちゃった。

さいごに締めの言葉で、子供たちへの言葉。
異文化で暮らすっていうこと、単一民族で暮らしてる日本がすごく特殊な国だっていうこと。
そんな日本に入ってる異文化を受け入れていこうとする大切さ。
それから、世界中で起こっているいろんなことを「知る」っていうことの素晴らしさ。

そういうことを話しました。
ときどき、なんか先生っぽいこと話してるなーって感じの、自分なりの哲学みたいなのを話したりもした。

クイズをたくさん入れてたんだけど。
正解者にアフリカの石をあげてて、予想外に喜ばれてびっくりした。
子供は「ちょうだいちょうだい」と、まるでアフリカのようだった。
クイズの食いつきが半端じゃなくてびっくりした。

みんな結構事前学習もしてたみたいで、いろいろ知っててびっくりした。
質問表も作ってたみたいで、それをあまりつついてあげられなくて残念。
ナミビアの人口とか知ってたし。
国旗の赤も一発。
「ナミブ」の意味を知ってる子までいた。

最初から最後まで、ずーっと。
ナミビアで授業してるみたいでした。
あんなに子供と絡みまくる、ほんとに授業みたいな講座になった。
しゃべり方とかも事前に悩んでたんだけど。
丁寧語で行くはずが、途中からは友達としゃべるみたいになってて。
英語でいつもしゃべってたのが、そのまま和訳してみた感じ。
「俺がー」とか、「おまえすごいなー」とか。

日本の子も捨てたもんじゃない。
田舎だからかもしれんけど。
めちゃめちゃ反応いい生徒でした。
先生に
「なんか調子に乗っちゃって。テンション高すぎてすいません」
とか心配されるくらい。

ovdayから続く、完璧な時間配分は今日も変わらず。
45分
10分休憩
45分
の100分だったんだけど。
休憩入れるタイミングも、終わるタイミングも、完全に時間通りでした。
上にも書いたけど、質問の時間をもう少しとってあげられると良かったかなって思うけど。
まあ話しながらも毎回子供のささやきにつっこんでいるので、いいかな。

最後に、「今後協力隊になりたいって思う子がでてきたら嬉しい」みたいなことを言ってるときに、
「なりたい!!」
って、すごい力強く言ってくれる子がいて。
あの子がああやって言ってくれただけでも、今日の講座は意味があったんだろうと思います。

いやぁ、ほんと、楽しかった。
ちょっとだけ自信つきました。

またやりたいな
と思ってしまったのが今日の最大の失敗です。
楽しいことはここで満足しとかんと。

良かったです。
大満足。
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bonanza08.blog112.fc2.com/tb.php/115-e3651f88

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Hide

Author:Hide
後ろ向きで寂しがり屋。そのくせ案外とアクティブ。
そんな僕が世界に向けて公開する日記です。

place: Shizuoka
job : Engineer

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。